適正使用 ガイドライン – 適正使用ガイド

最適使用推進ガイドラインの取扱いについて(平成29年9月15日 薬生薬審発0915第1号・保医発0915第1号) このサイトでは、厚生労働省において作成された最適使用推進ガイドラインに関する通知等を紹介しております。

[PDF]

本剤をご使用いただく際には、最新の製品添付文書と併せて本冊子をご熟読の上、適正使用をお願いいた します。また、本冊子に引用しているガイドライン等に関しては、最新の情報をご確認ください。

制吐薬適正使用ガイドラインの見かた: 本ページには,日本癌治療学会 「制吐薬適正使用ガイドライン」2015 年10 月【第2 版】一部改訂版 ver.2.2 (2018 年10 月)を掲載しています。

本ガイドラインは使用を規制する目的で作成されているものではなく,あくまで個々の患者に対するg-csf 使用の得失に関する総合的な判断が優先されるべきではあるが,エビデンスに基づく適正な使用を十分に考慮することが必要である。

[PDF]

適正使用ガイダンス 医療用麻薬 適正使用 ガイダンス がん疼痛及び慢性疼痛治療における 医療用麻薬の使用と管理のガイダンス 厚生労働省医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課 ス ン ダ イ ガ 用 使 正 適

本剤を含むがん化学療法は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで本療法が適切と判断される症例についてのみ実施すること。適応患者の選択にあたっては、各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること。

[PDF]

適正抗菌薬使用ガイドライン 感染制御部 薬剤部 (2019/11改訂) 感染管理マニュアル j.抗菌薬ガイドライン 阪大病院感染制御部 2019/11改訂 1. 抗菌薬の選択基準 抗菌薬は、 1) 推定あるいは同定された原因微生物の種類

[PDF]

のガイドラインを活用し,ictが苦手とする傾向のある外科系への介入を進め,多くの施設で予防抗菌薬適正使用が 普及することを期待する。 術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン ― 5 ―

科学的根拠に基づいた血小板製剤の使用ガイドライン:2019年改訂版 科学的根拠に基づいた血小板製剤の使用ガイドライン:2019年改訂版 (2019年5月) 小容量分割製剤へのカリウム吸着フィルターの使用基準 小容量分割製剤へのカリウム吸着フィルターの使用基準

オプジーボの適正使用ガイド、副作用情報、全例調査等の安全性・適正使用情報を掲載しています。悪性黒色腫(メラノーマ)、非小細胞肺癌、腎細胞癌、頭頸部癌、ホジキンリンパ腫、胃癌など各がん種ごとにご覧いただけます。

本ガイドラインの的は、眠医を安全かつ効果的にうために必要となる、最新のエビデン スに脚した実践的フレームワークを提供することにある。とりわけ、本ガイドラインは睡眠薬の 適正使に焦点を当てて

ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き. I はじめに ヒドロキシクロロキン硫酸塩(hydroxychloroquine sulfate:HCQ)は、抗炎症作用、免疫調節作用、抗マラリア作用、抗腫瘍作用など多岐にわたる作用を有する薬剤である。

コリスチンの適正使用に関する指針―改訂版―(英語名:Practical guide for appropriate use of colistin: update) 委員会. コリスチンの適正使用に関する指針 改訂委員会. 委員長 二木 芳人(昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門) 委員

[PDF]

適正使用ガイド 日本標準商品分類番号 87424 製造販売元(輸入元) 販売<資料請求先> 警告 警 告 1. 本剤使用にあたっては、患者又はその家族に有 効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから 投与を開

『制吐薬適正使用ガイドライン 2015年10月【第2版】』のMinds掲載ページです。作成方法の観点から質の高い診療ガイドラインと評価されました。編集:日本癌治療学会、発行年月日:2015年10月29日、

このサイトでは、医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医師、歯科医師及び薬剤師などの 医療関係者の方を対象に、主としてmsd株式会社の医療用医薬品に関する情報を提供しています。

アブラキサン適正使用ガイドでは、膵癌に対する本剤の治療を安全かつ適正に行っていただくために、症例選択、投与方法、治療開始~治療期間中の注意事項、副作用とその対策、患者さんへの説明、調製方法等について解説しています。

[PDF]

適正な抗菌薬に変更する 3)抗菌薬の投与期間 ① 炎症所見の改善がみられれば早期に終了 ② 同一抗菌薬は原則14日以内 ③ 原因菌の検索を行い、適切な抗菌薬か確認する ④ 疾患や菌種によって推奨される投与期間があるので、ガイドライン等も参考にする

厚生労働省委託事業として、日本医療機能評価機構が運営しているウェブサイトです。日本で公開された診療ガイドラインを収集し、掲載しています。一般の方向けの解説、診療ガイドライン利用者・作成者向け情報等の提供も行っています。無料でご利用いただけます。

「ビグアナイド薬の適正使用に関する委員会」からのお知らせを掲載いたします。 メトホルミンの適正使用に関する Recommendation ( 旧: ビグアナイド薬の適正使用に関する Recommendation )

冠動脈病変の非侵襲的診断法に関するガイドライン(2007−2008年度合同研究班報告) (日本循環器学会) 乳癌診療ガイドライン(2015年web版ガイドライン) (日本乳癌学会) “腎障害患者におけるガドリニウム造影剤使用に関するガイドライン改訂(2009年9月)

[PDF]

本ガイドラインは、国内外で の臨床試験および海外での市販後調査の成績を基に、アバタセプト投与中の有害事象の予防・早期発 見・治療のための対策を提示し、各主治医が適正に薬剤を使用することを目的とする。 【対象患者】 1.

[PDF]

使用にあたっては、十分な注意が必要です。 パージェタの使用に際しましては、最新版の製品添付文書及び本適正使用ガイドを熟読の上、適正使用を お願いいたします。 この適正使用ガイドは、「her2陽性の乳癌」の治療において、パージェタ点滴静注

このサイトは、日本イーライリリーの医薬品についてよくある質問とその回答を医療関係者の方に提供することを目的とし

使用済鉛蓄電池の適正処理について[PDF 1.0MB] 石綿含有廃棄物等処理マニュアル(第2版) 産業廃棄物の検定方法マニュアル(第2版) .pdf; 最終処分場跡地形質変更に係る施行ガイドライン; 最終処分場維持管理積立金に係る維持管理費用算定ガイドライン

このサイトは医療関係者向けです。エーザイ医療用医薬品やクリニシアン(clinician)など医療関係の情報を見つけることができます。「レンビマカプセル4mg(肝細胞癌用)」に関する情報ページです。

[PDF]

適正使用ガイド ネスプ®注射液プラシリンジの 骨髄異形成症候群に伴う貧血 木崎 昌弘 先生 埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授 澤田 賢一 先生 医療法人 北武会 三谷 絹子 先生 獨協医科大学 内科学(血液・腫瘍) 教授 (五十音順) 監 修 『医薬品リスク管理計画対象製品』

本ガイドラインは、現時点における臨床試験の成績に基づき作成されたものである。市販後調査を実施中にも改訂されることがある。今後、市販後臨床試験調査の成績を反映した[実地臨床における適正使用のためのガイドライン]を策定する予定である。

[PDF]

高齢者医薬品適正使用ガイドライン作成ワーキンググループ (平成30年5月7日現在) 秋下 雅弘 一般社団法人 日本老年医学会 副理事長 東京大学大学院 医学系研究科 加齢医学講座 教授 池端 幸彦 一般社団法人 日本慢性期医療協会 副会長

[PDF]

点眼剤を使用する前に、名称を確認し、点眼剤であることを確認するよう に指導して下さい。ただし、目の不自由な方のためには、触って点眼剤を確 認できるような工夫(【質問2】参照)が有効です。

[PDF]

ります(NCCN ガイドライン)。 1週間毎(Weekly)のレジメンに対するジーラスタの使用は適切ではありません。 G-CSF 製剤使用の推奨グレードに関しては、「NCCN ガイドライン(Myeloid GrowthFactors version2)」または「G-CSF適正使用ガイドライン2013年版ver.4」

[PDF]

コンピュータ化システム適正管理ガイドライン 1. 総則 1.1 目的 このガイドラインは、「コンピュータ使用医薬品等製造所適正管理ガイドライン」(平成4年2 月21日薬監第11号:平成17年3月30日付薬食監麻発第0330001号により廃止)に代わるも

リネゾリド適正使用推進委員会 ガイドラインは2013年の第一版以降、2回の改訂版を公表してきましたが、今回の改訂もmrsa感染症を取り巻く状況の変化に対応して作成いたしました。特に大きな変化としては、2018年に新しくテジゾリドが発売され、国内で

抗菌薬を適正に使用するために、米国感染症学会(idsa)および米国医療疫学学会(shea)から、抗菌薬適正使用プログラムの実施についてのガイドラインが示されています[1, 2]。ここには推奨事項として以下のようなものが挙げられています。

[PDF]

会員の皆様にアルブミン使用の適応となる病態ついて理解していただき,適正使用の推進に役立てていただけれ ば幸いです. 科学的根拠に基づいたアルブミン製剤の使用ガイドライン 日本輸血・細胞治療学会 (2015年6月1日 第1版) 目次 1.初めに

[PDF]

ステラー ラ® 適正使用ガイド 【禁忌(次の患者には投与しないこと)】 1)重篤な感染症の患者[症状を悪化させるおそれがある。] 2)活動性結核の患者[症状を悪化させるおそれがある。

日本睡眠学会ガイドライン: 睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン(2014年7月22日更新) ナルコレプシーの診断・治療ガイドライン: ナルコレプシー クリニカルクエスチョン(一般用q&a 20問)

日本臨床内科医会は臨床内科学の発展を図り、皆様の医療の向上を目的に1985年に創設された第一線内科医の団体です。自己研鑽のための生涯研修の推進、高血圧・糖尿病・インフルエンザなどの疾患の研究や、市民の皆様への公開講座や疾病解説小冊子作成などの事業をおこなっています。

日本糖尿病協会は、糖尿病に関する知識の普及啓発、療養指導、調査研究等をその理念に掲げ、広く国民の健康増進に寄与することを目的に現在約10万人の会員を擁しています。日本糖尿病協会には、糖尿病患者とその家族、医師、看護師・栄養士・ 糖尿病療養指導士などの医療スタッフで作ら

本サイトは、医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医師、歯科医師、薬剤師、看護師などの医療関係者の方を対象に、弊社ノバルティス ファーマ医療用医薬品や疾患治療に関する情報を提供いたしま

治癒切除不能な膵癌に対するfolfirinox療法施行におけるトポテシン ® 点滴静注の適正使用のための資材をご用意させていただきました。 folfirinox療法施行の際にご活用頂き、適正使用の推進にご協力くださ

[PDF]

したがって、本ガイドラインでは、開発段階やこれまでに得られている医学薬学的・ 科学的見地に基づき、以下の医薬品の最適な使用を推進する観点から必要な要件、考え 方及び留意事項を示す。

[PDF]

適正使用基準 本品を適切に使用するため使用者には、以下の推奨要件、または、必須要件があります。 2-1. 本品を取り扱う医師の専門性基準 神経・筋疾患の診療およびリハビリテーションに概ね3年以上の経験と専門知識をもつ

本ガイドラインは、現時点で明らかになっているアミロイドイメージングの意義にもとづいて、petイメージング剤の適正使用の枠組みを示したものです。 アミロイドpetイメージング剤の適正使用ガイドライン

策定: 2014年6月13日 改訂: 2014年8月29日 2016年5月12日 2019年7月23日 2019年8月6日 「sglt2阻害薬の適正使用に関する委員会」からのお知らせを掲載いたします。

G-CSF適正使用ガイドライン2013年版 ver.5 がん診療ガイドライン jsco-cpg.jp/30/ (2018/3/29公開) GIST診療ガイドライン 2014年4月改訂 第3版(日本胃癌学会,GIST研究会,日本癌治療学会)

[PDF]

中耳加圧装置の適正使用指針 一般社団法人日本めまい平衡医学会 [1] 対象患者 保存的治療に抵抗してめまい発作を繰り返す総合的重症度がStage 4 のメニエール病確 実例および遅発性内リンパ水腫確実例であって、外耳道損傷、耳垢塞栓および鼓膜穿孔が

[PDF]

新適正管理ガイドラインの経緯 平成4年2月21日付薬監第11号監視指導課長通知 『コンピュータ使用医薬品等製造所適正管理ガイドライン』 平成17年3月31日に突然廃止 14 2011.shimadzu corporation 「gmp/qms事例集(2006年版(h18年)」で新ガイドラインが発行され

[PDF]

貧血に対して適正に使用していただくため、投与患者の選択、投与方法、投与 中の注意すべき事項について解説しています。 ※日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版 NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology. Myelodysplastic syndromes. Ver.2.2014.

[PDF]

4 バソプレシンV2受容体拮抗薬の適正使用に関するステートメント 2013 ACCF/AHA Guideline3) In patients hospitalized with volume overload and severe hypona- tremia, vasopressin antagonists may

[PDF]

「関係学会医薬品等適正使用推進試行的事業実施要綱」 1.題 目 放射性医薬品の適正使用におけるガイドラインの作成 2.目 的 放射性医薬品を体内に投与して診断・治療を行う核医学の発展は目覚ましく、この 30 年の間に最先端

[PDF]

用する患者に対する腎機能の評価法の標準化と,造影剤の使用の適正化を目的としたものです. 今回のガイドライン作成に際しては,関連する複数の学会が合同で委員会を構成して作成にあたり,委員

(以下、ビダーザ® )を適正にご使用いただくために、 医師、薬剤師などの医療関係者の方を対象に情報を提供しています。 一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

効能・効果、用法・用量、警告・禁忌を含む使用上の注意等については 添付文書 を参照して下さい。 患者向医薬品ガイド. PDFファイルにリンクしています。 ワードファイルにリンクしています。 別ページにリンクしています。 ランダ注10mg/20mL

免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」を正しく理解、使用していただくためのサイトです。オプジーボの製品情報や作用機序、副作用について記載した安全性・適正使用情報、E-Learningなどを掲載しています。

[PDF]

適正使用の手引き作成の経緯 本剤については,米国で初めて承認が得られて以降, 60年間の臨床使用の中で適正使用に関する研究が続 けられてきており,海外ではcle及びsleの標準的 な治療薬として位置づけられ,最も留意すべき副作用

ガイドライン等. 家庭から排出される水銀使用廃製品の分別回収ガイドライン(平成27年12月) [pdf 4.1mb] 市町村等における水銀使用廃製品の回収事例集第2版(平成30年6月)1/4[pdf 4.0mb]

[PDF]

シートのみで、業務請負の適正化や雇用管理の改善を進めることは容易ではない。 よって本事業では、各請負現場における、ガイドラインに沿った製造業務請負の実施を 支援するためのツールとすることを目的として、ガイドラインに定めた施策の具体的な推

かつては横並び業界の代表格のようにいわれるほど横のつながりが緊密で、共存共栄を主眼としていた清酒業界だが、需要減に伴い苛烈なシェア争いが繰り広げられている。結果が過当な条件競争だが、自社ガイドラインによる「製販三層の適正利益確保」の目標は現在のところ大手メーカー間

[PDF]

適正に把握する責務を有し、みなし労働時間制が適用される労働者や労働基準法第41条に規定する労働者を 除き、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(平