自治体セキュリティクラウド 総務省 – データブリッジBLOG =NTT

総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地域力の創造・地方の再生 > 自治体クラウドポータルサイト > 自治体クラウドの情報セキュリティ対策等に関する調査研究報告書

自治体クラウドは、近年様々な分野で活用が進んでいるクラウドコンピューティング技術を電子自治体の基盤構築にも活用して、地方公共団体の情報システムの集約と共同利用を進めることにより、情報システムに係る経費

総務省 トップ > 政策 地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン セキュリティポリシーに関するガイドライン(平成30年9月発表) ページトップへ戻る. 電子自治体.

総務省は、2017年7月までに「自治体情報システム強靭性向上モデル」に基づく庁内ネットワークの3分割と、「自治体情報セキュリティクラウド」を完了するよう求めました。本ページで具体的な指示内容

[PDF]

自治体クラウド導入により削減された費用や人的資源 を、他の分野で有効活用し、質の高い住民サービスを 提供可能となる。 2.自治体クラウド導入の効果 自治体クラウドとは、住民基本台帳・税務・福祉 などの自治体の情報システムやデータを、外部

自治体クラウドに取り組もうとする団体に対して、当機構が自治体クラウド支援アドバイザーを派遣して、自治体クラウドの導入に関する技術的な支援等を実施します。派遣の詳細についてはこちら。 自治体クラウド支援アドバイザーの実施状況はこちら。

McAfee Blog. 自治体のセキュリティー強化は待ったなし! 総務省担当者が語った強靭化計画とその先

導入前の課題

総務省では、マイナンバー制度の施行を半年後に控えた中で、今般の日本年金機構における個人情報流出事案を受け、地方公共団体における情報セキュリティに係る抜本的な対策を検討するため、自治体情報セキュリティ対策検討チームを開催します。

都道府県cioフォーラムは、第17回年次総会を2019年8月26日・27日の2日間、島根県松江市で開催した。初日は、自治体情報セキュリティクラウドの更新について、総務省のセキュリティアドバイザーを交え意見を交換した。

富士電機の電子行政ソリューションの一つ「自治体情報セキュリティクラウド」についてご紹介するページです。「自治体情報セキュリティクラウド」は、総務省から示されている対策強化案に基づき「インターネットの参照」「インターネットメールの利用」「ホームページの公開」「lgwan

全国の地方自治体が、サイバーセキュリティ対策の強化に乗りだしている。総務省が自治体のインターネット接続ポイントを集約し、高度なセキュリティ監視を行う「自治体情報セキュリティクラウド」の構築を推進しているからだ(図)。マイナンバー制度を利用した事務が今後増えるのを

総務省はこれらの情報システム及び住民基本台帳・税務・福祉のような行政に関するデータを、データセンター内にて管理・運用し、システムを複数の自治体で共同利用することを推進しています。これを「自治体クラウド」と呼んでいます。

マイナンバーの情報連携で急がれる、自治体の情報セキュリティ強靱化。富士通では、個人情報保護のために国が自治体に求めるセキュリティ要件とその対策を検討し、情報セキュリティ強靱化に寄与する具体策を提案しています。

47都道府県は「自治体情報セキュリティクラウド」の構築業務などの入札を、2016年度に実施した。日経コンピュータの調べで、落札した主な企業が判明した。目立つのは通信事業者系ベンダーや地域の計算センター事業者などだ。

デジタル大辞泉 – 自治体クラウドの用語解説 – 地方自治体が住民情報などを民間のデータセンターに移し、クラウド上でサービスを受けられる環境のこと。複数の自治体でデータを共同管理することでコストを削減できるなどの利点があり、平成21年(2009)から総務省の主導で導入が進められて

[PDF]

自治体クラウドのメリット 自治体クラウドとは 総務省の取組み 地方公共団体がシステムのハードウェア、ソフトウェア、データなどを 自庁舎で保有・管理することに代えて、外部のデータセンターにお

マイナンバーの情報連携に際し、自治体に求められる情報セキュリティ強靱化。富士通は豊富な実績とノウハウで、情報セキュリティ全体を俯瞰し、総務省が提言する「情報システム強靱性向上モデル」要件を満たす、具体的な対策を提示します。

大阪府が2017年4月に稼働する予定の自治体情報セキュリティクラウドの構築などの業務について、ケイ・オプティコムが予定価格9億1142万円を大幅に下回る15万円で落札した。2016年9月末に公表された落札結果で明らかになった。

強靭性向上モデル(総務省) 自治体情報システム強靭性向上モデルでは、セキュリティ対策要件として「情報の持ち出し制限」「インターネット分割」「情報セキュリティクラウド」の「三層の構え」が記載されています。

富士電機株式会社(以下、富士電機)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本ibm)は、総務省が全国の自治体へ導入を推進する「自治体情報セキュリティクラウド」の構築について協業を開始します

ここ数年、全国の自治体では、マイナンバー制度の施行を背景に総務省の提言に沿う形で、「自治体情報システム強靱性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウド」への対応を主眼に情報セキュリティ対策の強化に取り組んできた。

総務省から各自治体に提示されたセキュリティ強化対策を施す「三層の構え」に則った自治体情報システム強靭性向上モデルに基づき、自治体ネットワークにおける様々な課題に対する次なる対策や、最適な構築のポイントをご説明します。

[PDF]

地方自治体におけるdx推進 4 首相官邸・総務省・内閣官房it室など、関係機関が地方自治体に おけるクラウド活用のための論点整理と検討を実施 •上記の諸方針との整合性を取りながら、 地方自治体版の「クラウド」活用推進施策の策定が急務 内閣官房it室

セキュリティ対策の基本は総務省資料の「三層の構え」 にあり!

情報セキュリティインシデント対応訓練ツール 総務省による自治体クラウドの推進に関する講演及び自治体クラウド先進団体による事例を紹介します。

情報セキュリティ強靭化のきっかけは日本年金機構の情報漏えい問題

個人情報が集約する地方自治体のセキュリティ対策における現状と課題【総務省自治行政局地域情報政策室】 九州地方35自治体、公衆Wi-Fiの暗号化処理を行っていなかったことが判明

中でもセキュリティ強化対策は最も重要な対策で、2015年6月に日本年金機構で「標的型メール攻撃」を原因とした125万件の個人情報流出事件が発生したことをきっかけとして、標的型メール攻撃に対する情報システム防御策と対策を含め、総務省は地方自治

総務省と経産省、「クラウドサービスの安全性評価に関する検討会」のとりまとめを公表. 総務省と経済産業省では、「未来投資戦略2018」を踏まえて、2018年8月から「クラウドサービスの安

[PDF]

自治体クラウドの推進 1 • 耐震・免震構造 • 無停電電源、非常用電源 • 火災感知・報知システム • 厳重な入退館管理等 【自治体クラウド導入イメージ】 自治体クラウドのメリット 自治体クラウドとは 総務省

総務省が描く自治体クラウド利用の将来構想. 総務省は、前述の「電子行政分科会の資料」の中で、2017~2020年にかけての「地方公共団体におけるクラウド導入に係るロードマップ」を公表しています。 . 地方公共団体におけるクラウド導入に係るロードマップ.

IBM Press Room – 富士電機株式会社(以下、富士電機)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、総務省が全国の自治体へ導入を推進する「自治体情報セキュリティクラウド」の構築について協業を開始します。

本連載では、2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策を解説し

大阪府では、平成28年度において大阪版自治体情報セキュリティクラウドを設計・構築し、平成29年4月から運用を開始しています。 関連リンク. 総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームの報告ページ(外部サイト)

Aug 10, 2018 · はじめてのMediumデビュー。平成30年度から総務省地域情報化アドバイザーとなりました、山形といいます。. “なぜ自治体でクラウド活用が進ま

総務省は3月8日、2015年度の地方公共団体情報セキュリティ強化対策費補助金の第1回交付を決定した。 交付は、市区町村を対象にした「自治体

2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策について考える本連載

[PDF]

地方自治体情報セキュリ ティ強化対策 日本年金機構における個人情報流出事案は、多くの住民情報を扱う地方自治体に とって重大な警鐘となりました。この事案を受けて、総務省において、地方自治体の

都道府県cioフォーラムは、第14回春季会合を2月7日・8日の2日間、東京都内で開催した。初日は、一部自治体で移行が始まった自治体情報セキュリティクラウドについて、議論が交わされた。

5月18日から20日にかけて東京ビッグサイトにて「自治体総合フェア2016」が開催された。5月19日に実施されたセッションでは、総務省 自治行政局

自治体クラウドとは. 自治体クラウドとは、従来、自治体ごとに庁舎内に電算機を設置し、個別にプログラムされたソフトで処理してきた住民基本台帳・税務・福祉などの自治体の情報システムやデータを外部のデータセンターにおいて管理・運用し、複数

2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策について考える本連載

[PDF]

静岡県では、このような社会的な状況と総務省が示す地方自治体の情報セキュリティの在り方を踏ま え、静岡県内の各自治体のインターネット接続を集約し、不正通信などの監視・対策を強化するため、 「静岡県自治体情報セキュリティクラウド」を構築

東北各地で自治体クラウドへの円滑な移行と民間事業者の参入による経済波及効果が期待されている。そこで今回は、これまでの自治体クラウド

総務省の補助金を利用した自治体でのセキュリティ強化の取り組みが本格化してきた。各都道府県が整備する「自治体情報セキュリティクラウド」では、事業者が続々と決まっている。対策の完了リミットは、マイナンバーを利用した情報連携に自治体が加わる2017年7月より前である。

[PDF]

なお、総務省としては、平成27年度補正予算案(平成27年12月18日閣議決定)において、「自治体情報セキュリティ強 化対策事業」を計上するなど、各地方自治体の情報セキュリティに係る取組みへの支援をいたしますが、その詳細につい

東京都の立川と三鷹、日野の3市が住民情報システムの共同利用に関する協定を2018年2月13日に締んだ。今後、基幹系と呼ばれる住民票や各種税

神奈川県庁のHDDが廃棄業者によって転売された問題を受け、総務省は自治体職員が廃棄に立ち会うよう求めるなど改善に乗り出したが、現場は

[PDF]

地方自治体における デジタル・ガバメントの推進について 令和元年 10. 月11日 総務省. 資料. 4

総務省における自治体の情報セキュリティ対策についての抜本的強化の提言により、全国の自治体では、2017年7月までに「自治体情報システム強靱性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウド」への対応が完了している。

まず、「三層の構え」というものがあります。出席されている自治体さんもいろいろと大変だったと思うんですが、日本年金機構における個人情報流出事案を受けて、総務省から自治体のセキュリティにかかる抜本的な対策が出されました。

総務省 が推奨の 系においては、都道府県と市区町村が協力してインターネット接続口を集約した上で、自治体情報セキュリティクラウドを

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」 総務省「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」 総務省「ASP・SaaSにおける情報セキュリティ対策ガイドライン」

3 日前 · 総務省は、東京五輪・パラリンピックを前に早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策について緊急提言を発表した。提言にはIoT

[PDF]

総行情第. 77. 号 平成. 27. 年 12月25日. 各都道府県知事. 殿. 各市区町村長 殿. 総務大臣. 山 本 早 苗 (公印省略) 新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化について

大阪府の自治体クラウドへの取組み. 大阪府では、総務省が策定した「電子自治体の取組みを加速するための10の指針」等を受け、平成27年7月に自治体クラウド検討会を立ち上げ、府内市町村における自治体クラウド導入の推進を支援しています。

[PDF]

「自治体クラウド」とは? 自治体クラウド導入の効果は? さらに クラウドとは 外部のデータセンターにおいて管理・運⽤されているソフトウェア やデータについて、専⽤回線等を経由して、利⽤する仕組み 自治体クラウドの取組について 1

総務省は2015年度補正予算と補正予算債で、合計で510億円を自治体向けのセキュリティ対策費として確保。自治体でのマイナンバーの利用が始まる2017年7月までに、自治体に対してシステム強靭化の対策を完了することを求めている。

総務省、脆弱なIoT機器・マルウェアに感染しているIoT機器利用者への注意喚起実施状況(2019年度第3四半期)を公表. IoTNEWS #総務省 #IoT #マルウェア #注意喚起 #2019年度 #第3四半期 #サイバー攻撃