糸島アグリ 古藤 – ドクタ-古藤の家庭菜園診療所 / 古藤 俊二【著】

JA糸島アグリ(Agri)には、糸島の生産者が求める肥料、農薬、農機具や工具類まで農業に欠かせない資材がすべてそろっています。 もちろん、家庭菜園やガーデニングこともおまかせください。

Jan 01, 2017 · 古藤(ことう)俊二(福岡県ja糸島アグリ店長兼グリーンアドバイザー:52歳:愛称ドクター.コトー)。アグリ創設時から店長を任され、jaの系統資材だけにこだわらず、これは役立つと思うと系統外の資材も仕入れて販売。

著者 古藤 俊二 (著) 病気・害虫退治から、作物・土の元気回復まで。JA糸島園芸センター「アグリ」の店長兼園芸技術アドバイザー、ドクター・古藤(コトー)が、野菜作りの疑問や悩みに答える。『西日本 もっと見る

流木は大部分が破砕され、火力発電所の燃料として使われているが、JA糸島・園芸センター「アグリ」店長の古藤俊二さん(55)が少しでも大地に

『ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所』 ja糸島アグリのカリスマ店長ドクター.コトーこと古藤俊二さんが、 園芸相談室に寄せられた疑問や質問に答えた、評判の解決策の全てを公開。

『ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所』 1年間に28万人の客が訪れる農業資材センターja糸島アグリのカリスマ店長ドクター.コトーこと古藤俊二さんが、併設されている園芸相談室に寄せられた疑問や質問に答えた、評判の解決策の全てを公開。

Sep 27, 2010 · とことん糸島:ひと人 JA糸島アグリ店店長・古藤俊二さん /福岡 – 毎日jp(毎日新聞) 「情報交換の拠点に」--JA 糸島アグリ店店長・古藤俊二さん(46) JA 糸島に勤めて26年。併設

段ボールコンポストふりかえり講習会 すてなんな君パワーアップ講座. 2月28日に、市とja糸島の共催事業「段ボールコンポストふりかえり講習会 すてなんな君パワーアップ講座」を、ja糸島営農総合センターにて開催しました。

JA糸島は、昭和37年11月に糸島郡内の14農協と2連合会の合併により設立されました。 設立以来、半世紀にわたり、生産農協を標榜して、農業の生産性向上と生活福祉の向上に一貫して取り組んでまいりま

【採用情報】 JA糸島 ひまわり 介護スタッフ等の募集について 2019.12.17 【稲作情報(号外)】寒鋤きについて 2019.11.18 各種手数料の改定について 2019.10.11 キャッシュレス決済で最大5%還元スタート! 2019.04.01 【キャンペーン】JAバンクでよかローン 2018.02.14

JA糸島では、組合員の農業経営をサポートする営農指導事業や販売事業などのほか、組合員の暮らしを支える総合事業をおこなっています。 JAバンクやJA共済といった金融サービスのほか、組合員・地域住民の皆様の毎日の暮らしを支える多彩な事業を展開を

ドクター古藤の 家庭菜園診療所 アブラムシ対策編 福岡県糸島市・古藤俊二さん(ja糸島アグリ) ja糸島園芸センター「アグリ」(福岡県糸島市)の古藤俊二さんは、店長兼園芸技術アドバイザー。

CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです! Pontaポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!古藤俊二ならHMV&BOOKS online!

JA糸島「アグリ店」古藤店長と 12日、西日本新聞で「“遮光シート”で部屋を涼しく」の見出しで報道された「涼しいかネット君」発案者のJA糸島の農園芸資材販売店「アグリ店」古藤俊二店長にあってきま

“私が考える糸島の未来農像”』 「今を時めく農の名医Dr.コト―、こと古藤俊二氏(JA糸島考査役)が農業特区など最新の農業政策と愛してやまない糸島の食と農について、夢と希望を語ります。 輝かしい糸島の未来の農の姿を描きに足をお運びください。

「JA糸島アグリ店長の古藤俊二さん(54)らは被災直後、現地(朝倉)でボランティア活動を行い」、「大量の土砂が果樹園などを埋める光景を見て土砂の有効活用を思いつき」、「業者と研究を重ね開発」され~産まれたのが祈りの土>だそうです。

13日、波多江小2年の生活科授業。児童135人は、JA糸島園芸センターアグリ店の古藤俊二店長の指導を受け、自分専用の鉢の土にシーライムを混ぜ、ミニトマトの苗を植えた。

Jan 25, 2017 · 家庭菜園時の必携本 『ドクター古藤の家庭菜園診療所』発売開始! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 年間28万人が利用するJA糸島園芸センター「アグリ」。 その名物店長として地域で愛されているのが、「ドクター・古藤」こと古藤俊二さんです。 古藤さんは、毎日、JAアグリ内

古藤(ことう)俊二(福岡県ja糸島アグリ店長兼グリーンアドバイザー:52歳:愛称ドクター.コトー)。アグリ創設時から店長を任され、jaの系統資材だけにこだわらず、これは役立つと思うと系統外の資材も仕入れ

5/5(1)

Nov 27, 2009 · 福岡県のJA糸島(前原市)と糸島漁協(志摩町)が協力し、カキ小屋で出るカキ殻の肥料化に取り組み、来年1月の販売を予定と、毎日新聞地元版。JA糸島アグリ店の古藤俊二店長は「カキ殻肥料はカルシウムやミネラルが豊富。

伊都安蔵里(いとあぐり)は、古建築「旧福寿醤油」を改装して、”農と食と家のむすびなおし”をコンセプトに糸島の海と山の幸を使った御膳を提供する食事処、こだわりのコーヒーを提供するカフェ「安蔵里かふぇ」、無農薬野菜や身体に優しい九州の食材・調味料などを取り扱うセレクト

JA糸島が開発・販売する段ボールコンポスト「すてなんな君」と、カキ殻を砕いて肥料にした「シーライム」が好評だ。いずれもゴミを資源化

育てる野菜によって、高さや幅などが変わる「うね」は、野菜作りの要ともいえます。今回は、春からの栽培にぴったりな「トマト」、「キュウリ」、「スイートコーン」、「ナス」のうねづくりについてご紹介。福岡県ja糸島アグリの総責任者であり、園芸技術アドバイザーの古藤俊二(愛称

営農知識で地域貢献 防除提案し研究 福岡・JA糸島外来雑草対策 資材店舗・アグリの古藤俊二店長が防除法の検討を買って出た。 古藤店長

現代農業 2017年6月号 (2017年05月02日発売)。今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります!また、定期購読ならお気に入りの雑誌が確実にご自宅へ届きます!

クラ作りのコツ jA糸島・園芸センター「アグリ」店長 古藤俊二 消費者が知らない食品添加物の話② 食品添加物の歴史―〝開発〟と〝禁止〟の歴史 食品評論家 小薮浩二郎 体の痛み 自分でできる改 98. 食べもの通信 発売日:2018/05/25

シーライムはJA糸島アグリの古藤さん(Dr.コトーと呼ばれているそうです)が開発された製品です。 シーライムが生まれたことで、それまでカキ生産漁業者は廃棄料を払って牡蠣殻を処分しなければならなかったのが、逆に売れる商品の原料となったと聞い

店舗・atm一覧. ja糸島、(株)ジェイエイいとしまの店舗情報をご紹介します。

「アグリコラボいとしま 講演会」を開催します! 分室が支援する地域連携 2014/5/1. 今を時めく農の名医Dr.コト―、こと古藤俊二氏(JA糸島経済部資材課考査役)が 農業特区など最新の農業政策と愛してやまない糸島の食と農について、夢と希望を語ります。

糸島豚のやわらか蒸し御膳 2,090円(税込) 糸島のブランド豚「伊都の宝」を使った御膳です。抗生物質、遺伝子組み換え等を一切使用しない飼料と、天然水で育った伊都の宝は脂身がジューシーで季節野菜の旨味とともにせいろ蒸しに。

植物の生態や農業資材に詳しいJA糸島アグリ店の古藤俊二店長(54)に同課が協力を依頼。16区画(1区画2㍍四方)の実証実験エリアを設け、7日から取り組んでいる。

そこで、植物に詳しいJA糸島アグリ店長の古藤俊二さん(54)に協力を依頼。 広場の一部に2メートル四方の16区画を準備し、効果的な除草法を

『ドクター古藤の家庭菜園診療所』 第10回糸島くるくるマーケットの際、特別講演でご登壇いただきましたドクター古藤こと、古藤俊二氏の著書が絶賛発売中です。 JA糸島の園芸資材店Agri(アグリ)にて、プロからアマチュアまで様々な園芸相談に応じ、その経験の中から培われた知識とユニーク

糸島農業協同組合が運営する「糸島アグリ」ってとこに、地元の農業を支えるスゴイ人がいるらしい。なんだかホームセンターみたいなお店ですが、スゴイ人ってどちらに? 古藤さん: はい! 出てきたのは、糸島農協が誇るスゴイ人、古藤俊二さん。

糸島地域で生ゴミを段ボールコンポストで堆肥(たいひ)にする取り組みが広がっている。 君は、JA糸島の園芸資材店「アグリ」の古藤俊二店

糸島名産のカキの貝殻や、竹を燃やした炭など、普段は廃棄してしまう厄介者を肥料として再利用するのです。 古藤さんは完成したガーデニング用の土に「祈りの土」と名付け、15リットル入り298円(税込み)で販売しました。

古藤さんのご厚意に応えるためにも、しっかり栽培していきます. ブログ、Twitterで成長日誌をつけていきますので、チェックして下さいね☆ ぶらり糸島Twitterはコチラ. JA糸島アグリ 【営業時間】 (10月から3月) 午前8時半から午後6時00分

もし、たい肥が不要なら、ja糸島アグリ店に持ち込めば、引き取ってもらえます。 あなたも今日から段ボールコンポスト「すてなんな君」でごみ減量に取り組んでみませんか。 段ボールコンポスト「すてなんな君」の使い方

福岡県「ja糸島」の店長の方が、黄色いバケツ等を使う簡易な害虫駆除方法を考案,個人的な家庭菜園での取り組みの日記に加え、野菜栽培に役立ちそうなニュース記事をチェックしています。

209件中41~60件を表示しています。 さ・温かさを感じる 糸島の山めぐり・海めぐり 尾崎恭子 ―福岡県・糸島市 手放せないもの 250万年前の帆立貝の化石 妹尾河童 料理 何度もつくりたくなる肉・魚・大豆のおかず 岡本

糸島農業協同組合:古藤俊二. 糸島アグリでは、資材の販売を便利にして地元の農産物の盛り上げてきた. 肥料は全部で700種類、農薬だけで500種類、 種も600種類と農業に関する事なら何でもそろう. 糸島アグリ一番のウリが、お悩み相談コーナー

地域の人からは‘糸島のdrコトー’と親しまれる古藤さんだが、 全国のjaの中でも、こうしたオリジナル商品づくりに 取り組んでいる人は他にいないと、注目を集めている。 【実証実験に裏打ちされた自信作】 jaが展開する農業資材販売所「アグリ」。

古藤俊二 (コトウシュンジ) 古藤(ことう)俊二(福岡県JA糸島アグリ店長兼グリーンアドバイザー:52歳:愛称ドクター.コトー)。アグリ創設時から店長を任され、JAの系統資材だけにこだわらず、これは役立つと思うと系統外の資材も仕入れて販売。

講師の古藤氏は,プロの農家さんから家庭菜園の初心者の方まで,病害虫対策から作物・土の元気回復法まで,様々な方の様々な悩みにお答えしているja糸島アグリ(農園芸資材販売店)の名物店長さんで,毎週月曜日夕刊の西日本新聞に「ドクター古藤の

食べもの通信の最新号 2019年12月号 (2019年11月25日発売)、電子書籍(デジタル版)は税込み611円。今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります!また、定期購読なら割引や送料無料!

1年4か月たった今も災害の土砂が放置されている。土砂が多く地域の復興計画も進んでいないため撤去が進まないという。ja糸島アグリの店長の古藤俊二さんは土砂を商品として売り出そうと考えた。

家庭菜園の達人「ドクター古藤」こと古 藤俊二さんによる「夏野菜の作り方」の講座を開催 します。お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。 日 時:1 月22日(水)14 時~15 時30 分 場 所:深江公民館 大会議室 講 師:古藤 俊二さん (ja 糸島アグリ)

[PDF]

園の達人 ドクター古藤による「花の育て方」の講 座を開催します。ぜひご参加ください。 日 時:10月30日(火) 14時~15時30分 講 師:ja糸島アグリ 古藤俊二氏 参加費:無料 【申込】10月20日(土)マデに深江公民館へ(電話可)

さて次は福岡県糸島市。糸島アグリ。 古藤さんが立役者。研究者でもある。Drコトーと呼ばれている。 土と発酵剤があり、生ゴミを入れると分解されて肥料に。古藤さんの自宅の屋根裏部屋で商品開発を

そこで、植物に詳しいJA糸島アグリ店長の古藤俊二さん(54)に協力を依頼。 広場の一部に2メートル四方の16区画を準備し、効果的な除草法を

農文協直営・農業書センターの通信販売サイト「田舎の本屋さん」の書籍の詳細検索ページです。詳しく条件を指定して検索をするとお探しの書籍が見つかります。

福岡県糸島市のJA糸島の園芸資材店「アグリ」で19年間、園芸相談を担当し、「ドクター・コトー」の愛称で親しまれている店長の古藤(ことう

さて、牡蠣をたらふく食べた後は牡蠣を使った「あるモノ」を追ってja糸島アグリに行ってきました! お店の前にどどん置いてありましたよ 牡蠣肥料シーライム !! 磯の香りがする?♪. シーライムの生みの親はja糸島 あぐりの店長古藤俊二さんです。

糸島を個人的に愛している人達の紹介と、ネットワーク作りを目的とした、愛し糸島プロジェクトの情報発信ブログ。 12・13・14日「ドクター古藤のアグリ

講師(ja糸島アグリ店長 古藤俊二 氏) 平成24年 2月17日(金) 第2回総会 記念講演:「新規就農者における経営の課題」 講師(元福岡県地域普及指導センター長 長野彰 氏) 平成24年 1月18日(水) 新規就農者バスツアー及び市長との意見交換会

家庭菜園時の必携本 『ドクター古藤の家庭菜園診療所』発売開始! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 年間28万人が利用するja糸島園芸センター「アグリ」。 その名物店長として地域で愛されているのが、「ドクター・古藤」こと古藤俊二さんです。

ガス栽培に挑戦 JA糸島・園芸センター「アグリ」店長 古藤俊二 食のかけ橋 日本の産地から81 手探りで無肥料・無農薬に挑戦 群馬 タンポポ農園 暮らしのなかの有害物質(4) 加熱式た 79. 月刊切抜き 体育・スポーツ 発売日:2010/09/27

[PDF]

場 所 深江公民館(糸島市交流プラザ二丈館3f) 講 師 ja糸島アグリ 古藤俊二 氏 申込みは、深江公民館までお電話で! ☎325-0234(10月20日締切) 男性料理教室 季節の食材を使って、手軽でおいしい料理を

「JA糸島アグリ店長の古藤俊二さん(54)らは被災直後、現地(朝倉)でボランティア活動を行い」、「大量の土砂が果樹園などを埋める光景を見て土砂の有効活用を思いつき」、「業者と研究を重ね開発」され~産まれたのが祈りの土>だそうです。

営農知識で地域貢献 防除提案し研究 福岡・JA糸島 資材店舗・アグリの古藤俊二店長が防除法の検討を買って出た。 古藤店長は、JAとして