東北大学 環境科学研究科 吉岡 – イベント

東北大学大学院環境科学研究科 自然共生システム学講座 資源再生プロセス学分野 吉岡研究室. Yoshioka Laboratory, Graduate School of Environmental Studies, Tohoku University

English · アクセス Access · 研究メンバー · 進路状況 · 学会発表 · 基調・招待講演

東北大学大学院環境科学研究科 自然共生システム学講座 資源再生プロセス学分野 吉岡研究室. Yoshioka Laboratory, Graduate School of Environmental Studies, Tohoku University

ブラウィジャヤ大学での東北大学環境科学セミナー及び部局間学術交流・学生交流覚書締結式開催について掲載しました。 受賞・成果 | 2019/12/23. 吉岡研究室 M2 池田大地さんが isCEBT 2019 にて The Outstanding Oral Presentation Award in Environmental Technology を受賞しました。

2007年3月 宮城工業高等専門学校情報デザイン工学科卒業. 2010年3月 東北大学工学部化学・バイオ工学科卒業. 2012年3月 東北大学大学院環境科学研究科環境科学専攻博士課程前期2年の課程修了 . 2012年4月~2015年3月 東北大学大学院環境科学研究科

2001年4月 東北大学多元物質科学研究所 助手. 2005年10月 東北大学大学院環境科学研究科環境科学専攻 助手. 2007年4月 東北大学大学院環境科学研究科環境科学専攻 助教. 2009年4月 東北大学大学院工学研究科応用化学専攻 准教授 (2016年5月~2017年3月 The University of Melbourne

1992年4月 東北大学工学部分子化学工学科 助手. 1997年4月 東北大学大学院工学研究科 講師. 2000年10月 東北大学工大学院学研究科 助教授. 2000年 オランダ・アイントフォーヘン工科大学 nedo 海外派遣研究員. 2001年 ドイツ・ハンブルグ大学 文部科学省在外研究員. 2005年 東北大学大学院環境科学研究科

私たちは地球とともに生きています、私たちは人と社会の中で生きています、地球、人、社会、これらは私たちをとりまく「環境」です、環境科学研究科は、この「環境」を理解し、さらに発展させる研究と教育を行っております、明日の「環境」を私たちと一緒に学び、考えましょう

東北大学は,環境問題の本質を理解し,地球と社会の持続可能性を追求する人物と学術を作り上げるために2003年に環境科学研究科を設立し,自然科学,社会科学,人文科学といった従来型の枠を越えた,新たな一歩を踏み出しました.

白鳥研究室について. 本研究室は,2004年4月にdowaホールディングス株式会社による寄附講座の一つとして創設された.当時より,地圏環境における汚染物質等の存在形態や汚染環境汚染について様々な研究を進めてきた.特に,東北大学大学院環境科学研究科 土屋 範芳教授および産業総合技術

東北大学大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻及び先端環境創成学専攻設置に係る設置計画履行状況報告書を掲載しました。 受賞・成果 | 2016/08/29. 岡本敦准教授らによるプレートテクニクス発生機構解明に関わる研究成果を掲載しました。

吉岡 敏明 YOSHIOKA Toshiaki: 所属 大学院環境科学研究科 先端環境創成学専攻 自然共生システム学講座 資源再生プロセス学分野: 大学院担当 大学院工学研究科・工学部 応用化学専攻: 職名 教授 研究科長: 生年月 1963.04: 学位 博士(工学) 工学修士: 研究分野

最新の科学技術情報を伝えるポータルサイト。編集者が直接、聞いたシンポジウムや学会・セミナーの講演などから、印象に残った言葉を随時、紹介します。今回は、東北大学大学院 環境科学研究科 教授 吉岡敏明 氏をご紹介します。

井上研究室では、土壌・地下水汚染とその修復、地下資源や廃棄物の有効利用といった問題を具体的なターゲットにしながら、地球工学、地球科学、反応速度論、微生物生態学、生物工学といった多岐にわたる学問領域をベースとした新たな環境科学の創出を目指しています。

東北大学生命科学研究科 教授 生態系は種々の生物(役者)と物理化学環境(舞台装置)の共進化であるとすれば、生態系の応答予測を行うため には生物の生きる論理(適応度)とエネルギーや物質的制約(化学量)についての理解が不可欠です。

吉川吉岡研究室が東北大学や宇宙研と共同で運用を続けている「ひさき衛星」のデータ解析に関する話題を中心として、機械学習・惑星科学の双方から活発に意見を出し合いました。 (東京大学 大学院新領域創成科学研究科長) 平原 聖文(名古屋

研究室広報. 物質を質的にかつ量的に測る(量る)ことは,環境を理解する上で重要な第一歩です.本研究室では,「物質が物質を見分ける」という化学をもってしか為し 得ない方法を開発し,環境理解や環境保全に重大な意義を持つ物質(群)の「分離濃縮法」と「検出定量法」を確立する

所属 (現在):東北大学,環境科学研究科,教授, 研究分野:無機工業化学,環境保全,環境材料・リサイクル,環境技術・環境材料,環境技術・環境負荷低減, キーワード:廃プラスチック,リサイクル,ケミカルリサイクリング,脱塩化水素,液相酸化法,塩基触媒酸素酸化,フィードストックリサイクル,加水

災害科学・安全学国際共同大学院プログラム(以下gp-rss)では、本分野において成果をあげている世界トップクラスの教員を配置し、海外トップレベル研究者の招聘、海外連携教育研究機関との積極的な研究・学生交流を行うことにより、学術的分野からフィールドに至る広域的な分野において

研究者番号 日本の研究.com : 748151 科研費研究者番号 : 30241532 所属 2018年度 (平成30年度) 東北大学 環境科学研究科 教授 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得していま

・研究室行事(院試慰労そーめんの会,土砂災害に関する合同セミナー参加@立命館大学)を更新しました(2018年9月9日) ・研究室行事(第32回わらじで歩こう七ヶ宿完歩)を更新しました(2018年8月27日) ・研究室行事(しまなみ海道走破)を更新しました(2018年8月20日)

「研究室配属を控える学部3年生へ」のページを更新しました!東北大学マテ系の学部3年生はぜひ御覧ください! 2015.12.9. 発表. 和田山教授が 東北大学イノベーションフェア内の水素エネルギーセミナーにて発表を行いました。 2015.11.11. 発表

[PDF]

15:10 東北大学の取組(拠点の説明) 松八重一代環境科学研究科 教授 氏 15:20 研究の最前線 「動脈産業と静脈産業をつなぐプラスチックリサイクル」 環境科学研究科 教授 吉岡 敏明 15:40 研究の最前線 「廃プラ問題と国際資源循環:

所属 (現在):東北大学,環境科学研究科,助教, 研究分野:環境材料・リサイクル,小区分64030:環境材料およびリサイクル技術関連,環境保全対策およびその関連分野,地球・資源システム工学,持続可能システム, キーワード:リサイクル,熱分解,窒素含有プラスチック,共熱分解,バイオマス

東日本大震災によって東北大学工学研究科において甚大な室内被害が発生した。工学研究科等安全衛生委員会では、各研究室で管理する物品の地震対策を円滑に実施するために室内物品地震対策ガイドライ

高橋弘教授(環境科学研究科)が第6回ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞を受賞しました。 「ものづくり日本大賞」は製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今

大学院・環境科学研究科 研究室 先端環境創成学専攻 太陽地球システム・エネルギー学講座 資源利用プロセス学分野(葛西研究室) 研究スタッフ 教授 葛西 栄輝 (Eiki Kasai) 准教授 村上 太一 (Taichi Murakami) 助教 丸岡 大佑 (Daisuke Maruoka) 研究テーマ

2019.10.10 内容調整、更新。 2018.11.1 ホームページ更新。 2017.3.24 卒業生・修了生の記念。 2017.2.12 ホームページをリニューアルしました。

神戸大学で行われた第42回フッ素化学討論会に小久保さんが参加し、ポスター発表を行いました。 一覧を見る HOME | お問い合わせ | サイトマップ | 東北大学 | 東北大学 大学院環境科学研究科

2012.04.12 研究室の顔合わせ(新歓)を行いました。 2012.04.07 3年生の武山詳君が新メンバーとして加わりました。 2012.04 本年度より、旧松木研究室は高橋・坂口研究室として運営を行います。

[特集]未来を担う環境化学工学. プラスチックリサイクルの研究開発動向と課題:フィードストックリサイクルを中心として. 齋藤 優子, 熊谷 将吾, 吉岡

Author: Yuko Saito, Shogo Kumagai, Toshiaki Yoshioka

東北大学大学院 環境科学研究科の藤崎研究室ウェブサイトです。

顧問:吉岡 敏明(東北大学大学院環境科学研究科) ホームグラウンド:東北大学 川内グラウンド. 所属リーグ:東北学生ラクロスリーグ . チームカラー:パープル . 連絡先:[email protected]

国立大学法人東北大学公式ウェブサイトです。東北大学は1907年(明治40年)に日本で3番目の帝国大学として創立しました。建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造します。

東北大学 大学院 生命科学研究科 Graduate School of Life Sciences, Tohoku University. 環境応答の中でも、とくに植物が重力・水環境を感知して成長を制御するしくみに着目して研究を進め、重力影響の検証には、スペースシャトルや国際宇宙ステーションなど、宇宙

貴重な機会ですので、最先端の研究を垣間見るととともに、大学で行われる授業の雰囲気を感じてください。 2016年7月27日(水) 14:00~14:40 「医療、材料、エネルギーに挑む金属錯体」

東北大学の役員、学部長・研究科長などをご紹介します。

国立大学法人東北大学公式ウェブサイトです。東北大学は1907年(明治40年)に日本で3番目の帝国大学として創立しました。建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造します。

東北大学 工学部および東北大学 大学院 工学研究科の各就職担当者への連絡先、お問い合わせ先をご紹介します。

工学部・工学研究科 経理課 事務補佐員 1名(11/1必着) 2019年10月10日 【教員公募】量子エネルギー工学専攻 粒子ビーム工学講座 核燃料科学分野 助教または助手1名 (2019/12/13 締切) 2019年10月3日: 工学部・工学研究科 経理課 事務補佐員 1名(募集終了) 2019年10

137 Csは半減期が約30年と長い放射性物質であり、福島第一原発事故により多量に放出された。 これまで水からのCsの除去についてはゼオライトやイオン会合体を用いた研究がある。一方、この事故により発生した廃棄物の種類や状態は様々であり、例として汚染土壌等からCsを脱着することも

平成31年度(令和元年度) 幹事 支部長 駒井 武 東北大学大学院 環境科学研究科 教授 副支部長 福山 博之 東北大学 多元物質科学研究所 教授 幹 事 飯塚 淳 東北大学 多元物質科学研究所 准教授 渡邉 則昭 東北大学大学院 環境科学研究科 准教授 齊藤 貢 岩手大学 理工学部 准教授 木崎 彰久 秋田

災害科学・安全学国際共同大学院プログラム(以下gp-rss)では、本分野において成果をあげている世界トップクラスの教員を配置し、海外トップレベル研究者の招聘、海外連携教育研究機関との積極的な研究・学生交流を行うことにより、学術的分野からフィールドに至る広域的な分野において

[PDF]

ギー研究開発推進事業」(環境技術等研究開発推進事業費補助金)h24年度~h28年度:総額約4 0億円に申請し、採択され、東北大学環境科学研究科が研究開発の中核機関として、その役割を担

東北大学大学院国際文化研究科は、国際的、グローバル、学際的な視点から地域文化、共生社会、言語の様々な在り様を研究し、その研究を土台に将来、国内外でリーダーとして活躍する人材を養成してい

ポリカーボネート(PC)は幅広い用途に使用されているが、リサイクル率が低く、多くが埋立て又は焼却処分されている。当研究室では、PCの熱分解により、MgO及び水蒸気を添加することでビスフェノールA(BPA)を73 wt%回収可能であることを報告している。

京都大学大学院農学研究科博士課程単位取得退学: 所属学会: 日本生態学会、日本植物生理学会、日本植物学会、種生物学会、日本雑草学会、日本作物学会、国際種子科学会: 職歴: 1985 日本曹達株式会社小田原研究所研究員 1990 東北大学教養部助手 1993 東北

安田喜憲教授(環境科学研究科) 09/12(木) 日経新聞(地方) 魚の放射性物質、効率測定 東北大が新装置: 石井慶造教授(工学研究科) 09/12(木) 河北新報: 科学の泉「オゾンホールの現状と未来3」 中島英彰客員教授(環境科学研究科) 09/13(金) 日刊工業

田所諭教授(情報科学研究科) 10/30(木) 河北新報: 震災がれき処理検討 宮城県総括委: 吉岡敏明教授(環境科学研究科) 10/30(木) 河北新報: エボラ熱拡大、東北の医療体制は 18年春にも感染症病棟: 賀来満夫教授(医学系研究科) 10/30(木) 河北新報

吉岡和夫、吉川一朗、村上豪、他、 EUV spectroscopic observation of Jupiter’s inner magnetosphere、 第11回惑星圏研究会、 東北大学、 2010年3月; 吉岡和夫、吉川一朗、土屋史紀、他、 極端紫外分光器(EXCEED)の光学機器に関する開発現状、 宇宙科学シンポジウム、 宇宙

国際共同大学院プログラム部門|東北大学学位プログラム推進機構のウェブサイト。ニュースリリース、部門について、お問い合わせ・サポート、プログラム紹介、部門長メッセージ、リンクをご紹介しま

東北大学総務企画部広報課です。 下村政嗣教授(原子分子材料科学高等研究機構)、石田秀輝教授(環境科学研究科) 吉岡正和客員教授

東北大学大学院環境科学研究科 教授 吉岡敏明, 熊谷将吾 (担当:共編者, 範囲:第2章第5節334頁~341頁) 株式会社産業技術サービスセンター 2017年8月 . 東日本大震災合同調査報告 土木編3 ライフライン施設

東北大学大学院工学研究科(とうほくだいがくだいがくいんこうがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Engineering)は、東北大学 大学院に設置される研究科の一つである。 また、東北大学工学部(とうほくだいがくこうがくぶ、英称:School of Engineering)は、東北大学に設置される学部の一つで

ハイドロタルサイトの水環境保全・浄化への応用.[the chemical times,195(1), (2005), 10-16]亀田知人, 吉岡敏明, 梅津良昭, 奥脇昭嗣: 43. 東北大学大学院環境科学研究科 吉岡研究室紹介.[日本エネルギー学会,84(7), (2005), 554-556]吉岡敏明

研究生として入学希望の方へ 新着情報. 2019.09.12講義・演習・実習を更新しました. 2019.08.07行動科学を志望する方へ(学部編),関連サイトへのリンク(1.1 東北大学各組織の公式サイト)を更新しま

文部科学省科学研究補助金・新学術領域研究「気候系のhot spot」研究成果アウトリーチ 「海と大気のはなし2」講演会開催のご案内 我々の住む地球上で、身近に接している海や大気には、まだ十分に解明できない謎が数多く残っています。

博士(理学)。東北大学大学院環境科学研究科環境政策技術マネジメントコース研究員、(独)物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点広報担当を経て、2013年より東北大学大学院工学研究科研究企画センター研究企画室助教を経て、現職。

現在、環境科学研究科吉岡教授、浅沼宏准教授に顧問をしていただき、大学側にも私たち組織を公認していただくよう志願して いる段階です。この組織の目的は、東北大学の学生として、東日本大震災の復興を支援することです。

東北大学文系ura室は、文系4研究科(文学研究科、教育学研究科、法学研究科、経済学研究科)の教員の研究支援を目的とした部局uraです。競争的資金等の申請支援の他に、 5研究科横断的な研究ネットワークの構築、横断的研究プロジェクトの企画・支援を行うことで、東北大学における人文

環境科学研究科・先端環境創成学専攻・教授: 材料界面物性学 工学博士: 吉岡 敏明: 環境科学研究科・先端環境創成学専攻・教授: リサイクル工学 博士(工学) 川田 達也: 環境科学研究科・先進社会環境学専攻・教授: 固体イオニクス・エネルギー材料 博士