原発問題宮城県住民運動連絡センター – 原発問題全道連絡会

原発問題住民運動宮城県連絡センター、宮城県母親大会連絡会、日本科学者会議宮城県支部、宮城県労働組合総連合、東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センターの5団体は、2012年3月から『女川原発を再稼働させず、原発からの撤退を求める要望署名

原発問題住民運動全国連絡センター(げんぱつもんだいじゅうみんうんどうぜんこくれんらくセンター)は、1987年発足の日本の社会運動団体。 原子力発電所の危険に関する住民への啓発活動、福島原発事故の被害者救済および復興、原発再稼働の停止・原発ゼロ社会の構築を目的としている 。

原発問題住民運動全国連絡センター(原住連センター)のホームページへようこそ。 私たちは、福島第一原発事故をはじめとする原子力災害の実相を知らせ、被災者の救済と被災地対策を国と東京電力に要求して実現すること、国と電力会社の原発再稼働の動きを止め、「原発・核燃料

原発問題住民運動全国連絡センター(原住連センター)は、原子力発電所の危険から住民の命と暮らしを守ること、福島原発事故の被災者・被災地を救済し復興をはかること、原発の再稼働をやめさせ原発ゼロの日本を築くことを目指しています。

原発問題住民運動宮城県連絡センターは、東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センターとともに、11月11日の14時から仙台市の元鍛冶丁公園で集会を開いたあと、仙台駅前までデモ更新します。

原発問題住民運動宮城県連絡センターの2012年度総会を10月27日(土)14時から、仙台市の青葉区中央市民センターで開催しました。立石雅昭氏(新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会委員)の記念講演は満席になりました。

主催=原発問題住民運動宮城県連絡センター 日時=2020年1月19日(日) 13時30分~16時 会場=女川町まちなか交流館 講師=岩井 孝氏 ニュースのダウンロードはこちらから 191125 原発センター

講 師 :原発問題住民運動全国連絡(宮城)センター 略称「原発センター」の高野博さん、中嶋廉さん ※日ごろから疑問なところを、遠慮なく講師に質問できます。 主催:東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター

原発問題住民運動全国連絡センターは18日、青森市で全国交流集会を開きました。 240人が参加。東京電力福島第1原発事故の実相・経験・教訓に

原発問題住民運動全国連絡センターが発行する情報誌「げんぱつ」の最新号を紹介します。 「げんぱつ」は8ページ編集で毎月1回発行、年間購読料(送料込み)は3000円です(1部 300円)。 最新号(1ページ)は、 こちら から参照できます。

原発問題住民運動宮城県連絡センターのブログ 宮城県庁記者クラブで、新署名運動の本格推進と、原発問題に2つの問題提起をする講演会を4月7日に開催することを発表しました。

10月2日には、第3回福島原発事故被災地視察ツアー報告会もおこないました。 原発問題全道連絡会事務局は、fax通信を毎月発行して、北海道で活動する仲間達の運動を支えています。 ① チェルノブイリデーの取り組みは、こちらから参照できます。

2016. 3. 2 高浜原発4号機の緊急停止について、原子力発電に反対する県民会議、原発問題住民運動福井・嶺南 センターと共同で、高浜原発の総点検を求める要請書を提出しました。

[PDF]

県連絡センター主催の館で、原発問題住民運動 「原発再稼働適合性審査 習会が開催され、を非難する」女川原発学 50名の 市民が参加しました。 講師は、核・エネルギ する」というテーマで、再稼働適合性審査を批判局長の舘野淳氏。「原発ー問題情報

宮城県 大震災2周年メモリアル宣伝 日時 3月11日 会場 一番町フォーラス前 主催 原発問題住民運動宮城県連絡センター. あらためてふるさとみやぎの復興を考える 日時 3月16日(13:00~16:30) 会場 仙台国際センター大ホール

いのちと健康、地域と豊かな国土を守るために、政府に原発ゼロの決断を迫ることは緊急の国民的課題です。幅広い共同を広げ、1日も早く「原発ゼロ」の日本を実現するために、「原発をなくす全国連絡会」を結成し、運動にとりくんでいます。

(歯科医師・宮城県保険医協会理事長) 菊地 修 (弁護士) 佐藤 郁子 (宮城県母親大会連絡会会長) 高橋 治 (社会福祉法人仙台ビーナス会理事長) 綱島 不二雄 (元・山形大学教授・農業経済) 日野 秀逸 (東北大学名誉教授・医療経済) 村口 至

活動するのは原発問題住民運動県連絡センター、女川原発UPZ住民の会など。 5日は約20人が仙台市青葉区一番町の街頭で通行人らに署名を呼び掛け

原発問題住民運動全国連絡センター^_^全国総会・交流集会 . 原発問題住民運動全国連絡センター^_^全国総会・交流集会 県知事リコール運動説明会(薩摩川内) off air no videos.

原発問題住民運動全国連絡センター(東京都千代田区神田三崎町)の店舗詳細情報です。施設情報、口コミ、写真、地図など、グルメ・レストラン情報は日本最大級の地域情報サイトYahoo!ロコで! 周辺のおでかけスポット情報も充実。

Fコースは8月3日(日)午後3:30に閉会集会が始まる時間、明治大学をバスで出発。福島県いわき市磐城湯本町のいわき湯本温泉「ホテル美里」に宿泊。翌4日(月)、朝8:00に宿を出て、東日本大震災・福島第一原発事故の被災地巡見に出発した。 案内は原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表

原発問題住民運動宮城県連絡センター . 8.原子力市民委員会・意見交換会 終了 「原発ゼロ社会への道—新しい口論形成のための中間報告」 日時:2014年3月2日(日)13:30~16:30. 場所:青森市民ホール1f 会議室1. 出席者:

Jun 11, 2011 · 牧草から目安を超える放射性セシウムが検出された事態を受けて放射能モニタリング体制・保証等の抜本的強化を緊急に求め、原発問題住民運動宮城県連絡センターが知事に要請。

原発問題住民運動宮城県連絡センターは、宮城県母親連絡会、東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター、宮城県労連、日本科学者会議宮城県支部とともに呼びかけていた「女川原発を再稼働させず、原発からの撤退を進める要請署名」を6月15日

原発問題住民運動全国連絡センターは13日、東京電力、電気事業連合会、原子力規制委員会、文部科学省、経済産業省に東電福島第1原発事故に

住民投票で巻原発を阻止した住民運動. 原発問題住民運動全国連絡センター代表委員. 原発問題全国連絡センター代表委員代表. 藤巻泰男氏の講演(要旨) 目次. 新潟県巻町における原発住民投票の経過 巻町とは 巻原発計画の経緯

本会の最高決議機関は総会とし、総会は年1回、原発問題住民運動全国連絡センター総会後に開催します。総会に次ぐ決議機関を理事会とし諸活動の具体化と推進、緊急な問題の処理などを行います。

原発問題全道連絡会は 北海道で泊原発の再稼働をしないこと・大間原発の建設を中止すること・核廃棄物の最終処分場を受け入れないこと・原発のない社会実現に向け自然エネルギーの積極的な導入に政策転換することを要求しています。

原発問題住民運動宮城県連絡センター; 宮城県原水協; 消費税引き上げをやめさせるネットワーク宮城; 宮城県社会保障推進協議会; 宮城県労働組合総連合; 宮城県民主医療機関連合会 宮城県商工団体連合会; 新日本婦人の会宮城県本部; 国民救援会宮城県本部

日本共産党宮城県委員会政策委員長。 シエルの会(自閉症児の親の会)会長。 原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。 東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。 青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。

[PDF]

ふくしま復興共同センター、原発問題住民運動宮城県連絡センター、岩手大学教職員組合、東北大 学職員組合、福島大学教職員組合 お問い合わせ:宮城県高教組tel022-234-1335(桜井) Ⅰ.[ 講演者・演

【協賛】東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議,東日本大震災復旧・復興みやぎ県民センター,ふくしま復興共同センター,原発問題住民運動宮城県連絡センター,岩手大学教職員組合,東北大学職員組合,福島大学教職員組合

原発問題住民運動全国連絡センターは27日、「火山と原発を考える」全国交流集会を鹿児島市内で開きました。鹿児島県内では初の全国交流集会

[PDF]

原発・風の会,宮城県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会,原発いらない宮城ツユ クサの会,原発のない未来を地域から創る会,原発問題住民運動宮城県連絡センター,三陸・ 宮城の海を放射能から守る仙台の会(わかめの会),仙台ゆんた 虹

活動するのは原発問題住民運動県連絡センター、女川原発UPZ住民の会など。 5日は約20人が仙台市青葉区一番町の街頭で通行人らに署名を呼び掛け

みやぎアクション」や「原発問題住民運動宮城県連絡センター」など17の市民団体は12月26日、県独自に設けた「安全性検討会」(座長=若林利男東北大名誉教授)に徹底検証などの要望書を提出しました。

#女川原発 #再稼働中止 原子力規制委のパブコメに意見提出を。 原発問題住民運動宮城県連絡センターが呼びかけ。 https

市民団体はいずれも県内で活動する「女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション」と「原発問題住民運動県連絡センター」。会見では原子炉の炉心溶融対策や東日本大震災で被災した原発の安全性について、規制委員会の検討が不十分と指摘。

反原発運動全国連絡会は、全国各地の反原発・脱原発のネットワークとして1978年3月に結成されました。5月から毎月1回、各運動をつなぐ交流紙『はんげんぱつ新聞』を、すでに40年余りにわたって発行し

運動の確立. 1970年代に入ると運転を開始した発電所にて作業員の被曝や機器トラブルが社会問題化し、反対運動にとっては「住民の声が高まり」追い風にもなった 。 また、社会党中央も原子力発言に対する姿勢を反対の方向で明確にした 。. トランス搬入阻止闘争

いまだに10万人が避難生活を送る福島県では、国と東電の被害者への賠償打ち切りが相次いでいます。原発をなくす全国連絡会で原発問題住民運動全国連絡センターの伊東達也筆頭代表委員が行った講演(昨年12月)から、福島の現状を考えます。

福井県議会議員・さとう正雄の活動日誌。ご意見・情報は [email protected] までお願いします。【福井県議会議員 さとう正雄 福井県政に喝!

[PDF]

<連絡先> 原発問題住民運動宮城県連絡センター 事務局=宮城高教組内 (担当=桜井達郎) 電話022(234)1335 【 御 案 内 】 巨大地震・津波を引き金に、電源喪失による冷却材喪失から水素爆発を起こし て燃料棒溶融に至る過酷事故―研究者と住民運動が

宮城支部が下記の公開講座を開催しますので,お知らせします.公開講座「原発廃止のために」-原発と明日の社会―日時:4月26日(土)1時半―4時主催:日本科学者会議、日本科学者会議宮城支部、東北大学職員組合、原発問題住民運動宮城県連絡センター場所:東北大学金属材料研究所2号館

jsa、同宮城支部、東北大職組、原発問題住民運動宮城県連絡センターの4団体の主催で、4月26日午後、公開講座「原発廃止のために」―原発と明日の社会―が東北大金研の2号館講堂で開かれました。

阪神・淡路大震災の復興の教訓を生かし、東日本大震災の復旧・復興計画を「被災者・被災地を主体にした復旧・復興」となるよう発言、行動をし被災者・被災地の取り組みを支援する役割を果たす県民センター

私たちは、新規制基準や審査の問題を指摘し、広く県民に意見を出そうと呼びかけています」と説明しました。 「原発問題住民運動県連絡センター」の中嶋廉世話人が声明を読み上げ、参加者が学習会や宣伝・署名などの行動計画について話しました。

11/10 原発問題住民運動宮城県連絡センターは、仙台市で「チェルノブイリ原発事故調査報告と女川原発の現状報告」を中心とした学習講演会を開いた。

東北電力(仙台市・海輪誠社長)が27日、女川原子力発電所2号機(石巻市・女川町)の新規制基準への適合性審査を原子力規制委員会に申請したことに対し、原発問題住民運動宮城県連絡センターと東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センターは同日

宮城県松島町で7日、原発再稼働を阻止し、「原発ゼロ」の国民合意形成に向けた運動拡大の議論を深める「原発再稼働の暴走を許さない全国交流

[PDF]

4.伊東達也 氏(原発問題住民運動全国連絡センター代表) Ⅲ.参加者との討論 110分(休憩時間を含む) 「3.11」大震災・原発事故後から、1年余りがたちました。 そして、深刻で複雑な実態がますます明らかになってきました。

[PDF]

エネルギーへの転換をめざす女性ネットみやぎ・原発いらない-宮城ツユクサの会・原発問題住民運動宮城県連絡センター・宮城憲法会議・日本科学者会議宮城支部・宮城 県民主医療機関連合会・泉病院友の会・女川原発の廃炉をめざす泉区西部の会

[PDF]

<連絡先> 原発問題住民運動宮城県連絡センター 事務局=宮城高教組内 (担当=桜井達郎) 電話022(234)1335 【 御 案 内 】 巨大地震・津波を引き金に、電源喪失による冷却 材喪失から水素爆発を起こして燃料棒溶融に至る過 酷事故―研究者と住民運動が

オール福井反原発県連絡会,原発問題住民運動県連絡 県立大学創造農学科開設事業。会計年度任用職員に 最新の画像 [もっと見る] 敦賀・塩浜工業が玄海町長に100万円。憲法共同センター、第28

原発問題全国センター 共同行動さらに 原発問題住民運動全国連絡センターは9日、東京都内で「プルサーマル問題をめぐる意見・交流会」を開き

6月18日、古川fプラザ2f多目的ホールにて原発問題学習会が開かれました。 講師に、原発問題住民運動宮城県連絡センター事務局の中島廉さん、女川町議の高野博さんに話していただきました。

原発問題住民運動全国連絡センター: 1987年: 東京都千代田区 たんぽぽ舎: 1989年: 首都圏反原発連合: 2011年9月: 茨城県 東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める実行委員会: 茨城県つくば市 脱原発ネットワーク茨城: 新潟県 さよなら原発in新潟: 2011年9月1日

多くの県民のみなさまが、規制委のパブリックコメントに対して意見を提出すること、女川原発の再稼働中止を求める運動に参加していただくことを心から呼びかける。 女川原発の再稼働を許さない! みやぎアクション 原発問題住民運動宮城県連絡センター