パテントマップ – JPDS|即答!パテントマップ

【機能】 tecresシリーズのパテントマップソフト。多数の電子化された特許情報を集計して視覚的にマップを作成しながら詳細把握へと誘導する機能と、逆に個々の特許情報に社内キーワード、分類コード等のデータを付与することによって、効果的なマップを作成表示する機能の2面を有して

(1)技術開発活動と参入の可能性を読むためのパテントマップ

1.パテントマップとは? 企業で商品やサービスを新規に開発する場合や、研究者が新たな研究開発を行う場合等において、特許公報や特許公開公報等の「特許情報」を利用することで、他社の開発動向や、最先端の技術等を把握することが可能になります。

パテントマップとは、どういうものなのでしょうか? パテントマップとは、簡単に言えば、特許地図ということになりますが、これは、先行技術を調査、分析してまとめたものです。

- パテントマップ(グラフ)作成・活用の大原則 - 新たにパテントマップを始めたお客様は、「何か見えるかもしれない」という思いでマップソフトを活用するケースがほとんどです。 しかし、これでは何も得られません。

パテントマップとは、日本語に直訳すると「特許の地図」。特許情報を分析しその動向等を図・グラフ・表などの方法でビジュアル化した資料を指す特許用語で、新たな研究開発にコストを投入したり新たな技術を導入する際には欠かせない存在となっています。

パテントマップによって見えてくる情報が異なることがお分かりいただけたと思います。 パテントマップを作成する際には、活用目的に応じたものでなければなりません。最後に留意点をまとめておきましょう。 (ⅰ)対象とする母集団は適切か。

更新日 : 2005-07-05. そもそもパテントマップとは何なのか? 特許庁や工業所有権情報・研修館に掲載されている特許マップ・パテントマップの定義などを紹介して、パテントマップの3大要素について解説を

パテントマップからの各特許文献の閲覧. パテントマップのプロットされた各点をクリックすることにより簡単に各点に含まれる特許文献一覧を閲覧するためのパネルが開きます。なお、このパネルは右上のボタンを押すことにより開閉可能です。

Fタームテーマコード一覧情報(テーマコード表) 令和元年7月 調整課. 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の「パテントマップガイダンス(外部サイトへリンク)」では、特許・実用新案文献を検索するために用いるFIやFターム、国際特許分類(IPC)の説明文やリストを照会できます。

パテントマップとは、特許情報を整理、分析、加工して図面、グラフ、表などで表したものをいいます。パテントマップでは、主に目的のものが読み易くなるように工夫されています。

2018-01-03:更新 2007-01-15:作成. パテントマップを作成するためには、特許検索データベースからダウンロードしたcsv形式またはxls形式のリストデータを加工する必要があります。

「パテントマップガイダンス(旧)」のデータの利用制限. 第1条 パテントマップガイダンス(旧)のデータを利用して、第三者にサービスを提供する際は、当該データに係るデータベースの著作権が特許庁に帰属する旨明示しなければならないものとします。

パテント(特許)マップとは、特許情報を整理、分析、加工して視覚的に図面やグラフ、表などで表したものをいう。特許情報を可視化することで、特定技術分野の動向を調査したい場合や、競合他社の出願動向を調査したい場合などに活用できる。

特許情報分析(パテントマップ)から見たパワー半導体〔2020年版〕 技術開発実態分析調査報告書. 他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

[PDF]

パプパテントマップ • 特許情報を特定の利用目的に応じて収集し、これ を整理・分析・体系化し、グラフ・表などの

「PatentSQUARE(パテントスクエア)」は、 1991年に誕生して以来、30年近い歴史を持つ パナソニックの特許調査支援サービスです。 これまで 機械や精密機器・化学 をはじめ、 医薬品・情報通信 など、幅広い業界でご利用いただいており、今では 出願件数上位100社でシェアNo.1 ※ のサービスに

パテントマップを作成する事になったけど、パテントマップをどのように作ったらよいのか パテントマップをどのように活用したら良いのか頭を悩ませている方。 パテントマップ作りたいのはやまやまだけど、そこまで時間はかけられないし、予算も無い。

ということで、今回は、やっと、エクセル(excel)を 使用したバブルチャートでのパテントマップ作成です。 データは前と同じように上記となります。 実は、上のような散布図のバブルチャートを 作るときにはこのデータでも問題ないのですが、 上のデータで、試しにバブルチャートを

Amazonでインパテック株式会社の特許情報分析(パテントマップ)から見た「建物用自動ドア」 技術開発実態分析調査報告書。アマゾンならポイント還元本が多数。インパテック株式会社作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また特許情報分析(パテントマップ)から見た「建物用

3.2 パテントマップ作成の処理工程 3.3 パテントマップ作成の企画段階における注意点 3.4 技術開発プロセスと特許情報処理 E.パテントマップの実例 1.パテントマネジマップの例・活用法 1.1 出願件数推移マップ 1.2 出願人分布マップ

Amazonで野崎篤志の特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版。アマゾンならポイント還元本が多数。野崎篤志作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

4/5(4)

自社だけでなくライバルの研究開発動向まで分かっちゃうパテントマップってどんなもの? 分析方法の基本を一気に理解し

特許情報分析(パテントマップ)から見た「非破壊検査〔2019年版〕」 技術開発実態分析調査報告書 インパテック株式会社 | 2019/1/1 大型本

今回の特許情報分析編ではまず初めと して「ねじ」を取り上げて、パテント マップを使用した特許分析をしてきました。 一区切りつきましたので、特許情報 分析についてまとめをおこないます。 1 特許分析手法 まず大きなところを俯瞰して徐々に マクロ分析 ⇒ セミマクロ分析 ⇒ ミクロ

「即答!パテントマップ」は、お客様に代わって特許分類の選定・条件式作成を行い、複数の定型グラフを作成する簡易でスピーディなパテントマップ作成サービスです。6万円からの価格で母集団形成用の検索式確定から約1週間でパテントマップをお届けします。

パテントマップとは、どのようなもの? 大量の特許公報を簡易評価することで、何が見えるの? 「任天堂株式会社」様のAR関連特許の分析見本を、ただいま無償で公開しております。 こちらからダウロードして、ご覧ください。

パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。 はじめに 1.パテントマップ編 a.2016年1月~2019年7月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析 2016年1月~2019年7月の出願における

★ パテントマップ ★ 東京都 ★ Japan ★ アルトリサーチ ★ 日本アイアール ★ アルト, ソフトウェア, ソフトウェア業, データベース, パテントマップ, パテントマップ – companies – 東京都 – Japan. Login Register Facebookで

パテントマップ研究会で1年間、研究したテーマの成果を発表致します。 内容をご確認のうえ奮ってご参加くださるよう

1.はじめに 先日のブログでも紹介したように、知財業界では、ipランドスケープという用語が流行っている訳ですが、その多くに「パテントマップ」という技術が利用されています。今日はこのパテントマップを簡単にご紹介したいと思います。 2.パテントマップの定義 特許庁によれば

産学連携キーワード辞典 – パテントマップの用語解説 – 「パテントマップ」とは特許公報、公開特許公報などの特許情報を目的に応じて抽出、加工し、視覚的に理解できるように図表化したもの。新規事業の創出、研究開発、特許の取得を行うにあたっては目的とする分野の出願・研究開発の

パテントマップを正しい作成法、利用法を演習を通じて正しく理解できるセミナーです。マップソフトを選ぶ前に、パテントマップに対する正しい考え方を理解しない限り「使えるマップ」「役に立つマップ」を作成することは出来ません。

パテントマップ(特許マップ)の定義. パテントマップとは、経営者が新たな研究開発投資や技術導入を行う際には、『特許マップ(パテントマップ)』という特許の内容を持っているかどうかにかかってい

特許マップ(パテントマップ)の作成は、技術開発や技術経営のための羅針盤的な役割を果たします。特許マップの作成においては、市場調査のエッセンスを取り入れることで、変動要因を特定したり、明確な方向性の示唆を得ることができます。

7.パテントマップを仕上げるのには どのぐらいの日数がかかるのか、また関わる人数は 8.パテントマップは研究者が作成するのが良いのか、 それとも知財関連担当者が作成するのが良いのか 9.パテントマップ作成ソフトで良いものがありますか、

パテントマップは魔法のツールではありません。また、汎用のソフトウェアで作成できるパテントマップが研究開発の現場で有効活用できるとも限りません。パテントマップはそれを使う人の知識が必要とされるものです。

[PDF]

年「パテントマップ活⽤事 例 」(経営開発 セ ンター)、ʻ04 年「パテントマップの戦略的活⽤術」(技術情 報 協会 )、またʻ98 年「パテントマップの 研究 開発 へ の活⽤」( 研究 開発マ ネジメント)、ʻ00

「調査・分析・パテントマップ」を開設したのは、貴社の知的財産権取得手続きにお力添えをし、知的財産権保護に努めたいという願いによるものです。

知的財産戦略の総合サポート 日本パテントデータサービスのホームページです。特許情報検索サービス・商標検索サービス・特許管理ソフト・特許調査・知財セミナー等を提供し、企業の知財活動をサポートしています。

グローバルな競争・展開を図る時代になっている昨今、 確実に収益増加につながっている国内企業は、コア技術を中心とした横展開を進めているか、加えてm&aなどの統合を実施している場合が多いのではないでしょうか。そのような状況の中、重要な判断の材料として特許情報があります。

・パテントマップの種類 ・特許調査とパテントマップの具体的作成事例 ・パテントマップのメリット・デメリットと対策 ・自社が勝つパテントマップの作成とそれを用いた知財戦略手法の進め方 ・自社が勝つパテントマップの機能鳥瞰ツリー作成事例

[PDF]

ようなタイプのパテントマップを課題-構成マップと呼 ぶ。課題-構成マップの例として、特許庁が作成したア ルミリサイクルに関するパテントマップ [2]を図1に示 す。 図1のように、課題-構成マップは、どのような技術

マーケットリサーチが魔法の杖ではないように、パテントマップやipランドスケープも魔法の杖ではありません。上述の通り、知財情報への注目度が高まること自体は悪いことではありませんが、

パテントマップの読める人・読めない人 パテントマップが求められる理由 いま、なぜパテントマップなのか? パテントマップつくり8大ポイント パテントマップは技術者のもの 考えているだけでなく、今すぐ行動すべきです

事業や知財戦略などをすすめる武器としてのパテントマップ作成事業ステップとそれに必要な特許調査のノウハウマップのメリット・デメリットと対策は?自社が勝つための戦略が見えてくる!将来の事業を見据えて鳥瞰し、自社の勝てる開発・事

・ パテントマップの作成 2コマのワークショップを担当させて頂きました。 ※ 先週アップしたスライドが、ワークショップ用です。 間違いを教えて下さった皆様、ありがとうございました! 今回も、ワークショップの内容から、

本来の英語のパテントには知的財産権全般を指す意味はありません。 「パテントマップ」の意味. 特許情報を整理・分析して視覚的に理解できるよう図表化したものをパテントマップといいます。

【パテントマップ実例、および本文中の実際の頁例】 目次. はじめに 調査分析結果 i.パテントマップ編 a.2016年以降新規出現した出願人、技術分類による動向分析

パテントマップ、特許テキストマイニングおよび引用・被引用ネットワーク分析機能を活用することにより、様々な観点から特許分析をすることができます。

数多くの統計解析型パテントマップ作成ソフトやテキストマイニングによるビジュアル化ソフトが販売されているが,パソコンに通常インストールされているExcelを用いてもパテントマップを作成することが

パテントマップの種類と概要 ・統計解析型マップ ・内容解析型マップ . パテントマップの作成手順 ・パテントマップ作成の流れ ・パテントマップの作成目的 ・アウトプットの明確化 ・特許情報資料の選択 ・調査母集団の設定 ・分析項目(切り口)の

競合他社の特許出願状況をパテントマップを通じては把握することにより、いかなる分野の研究開発に注力しているか、また過去から現在に到る競合他社のコアテクノロジーの時系列的な把握も可能となり

パテントマップを用いた 知財・事業・技術戦略の策定方法 ~単なる資料ではなく、戦略をすすめる武器としてのパテントマップの作成~ 事業ステップとそれに必要な特許調査のノウハウ パテントマップのメリット・デメリットと対策

【パテントマップ実例、および本文中の実際の頁例】 目次. はじめに 調査分析結果 1.パテントマップ編 a.2015年10月~2017年9月に新規出現した出願人、分類による動向分析

数万件の特許・論文データをもとにパテントポートフォリオを可視化。特許分析・評価などの受託調査もお任せください。TRUE TELLER パテントポートフォリオは、新バージョン「CyberPatent Deskテキストマイニング」となり大きく機能を強化しました。

特許情報分析とパテントマップ(情報の分析・解析法) 新井 喜美雄 情報の科学と技術 53(1), 16-21, 2003-01-01

著者: 新井 喜美雄詳細情報: Matrix · Patent map · Graph · Quantitative analysis

サイバーパテント. nriサイバーパテントは、1996年のサービス開始以来、知的財産に関するitソリューションやコンサルティングなど、多彩なサービスを提供することで、「知財業務のフルサポートパートナー」としてお客様のビジネスを支援しています。

パテントテック社はパテントマップ(特許マップ)による特許情報分析、弁理士動向分析による本、書籍の出版、セミナーのサービスを提供しております。

nriサイバーパテントは、お客さまの知財業務を支援し、知財立国をめざす日本の産業界に貢献することを経営理念としています。そして、お客さまに信頼され、最初に声のかかる企業をめざしています。