コロイドおよび界面化学討論会 – 【協賛行事】第69回コロイドおよび界面化学討論会「分散系、凝 …

第71回コロイドおよび界面化学討論会 一般シンポジウムの公募について(締切が2月16日に延長されました) [2020.01.21] 高分子と水・分離に関する研究会 2019年度界面動電現象研究会 主題 =水・高分子界面のダイナミクスから俯瞰する生物資源と環境の

部会だより12月号を掲載しました | 公益社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会

2018/5/23 未来のコロイドおよび界面化学を創る若手討論会. 第6回「未来のコロイドおよび界面化学を創る若手討論会」のお申込み方法など詳細をアップしました。

第70回コロイドおよび界面化学討論会 2018.06.17. OKINAWA COLLOIDS 2019: An International Conference on Colloid & Surface Science Celebrating the 70th Anniversary of the Divisional Meeting of Division of Colloid and Surface Chemistry.

討論会情報; 討論会情報. 第71回コロイドおよび界面化学討論会 一般シンポジウムの公募について(締切が2月16日に延長されました) [2020.01.21] OKINAWA COLLOIDS 2019 Joint Post-Conference Workshop “Session-5 and Symposium-4” 「Theory and practice in dispersion control and process」

コロイド・界面という字面にとらわれることなく,”ソフトアクティブマター”という広い観点で,化学を中心とした総合科学としてのコロイドおよび界面化学の発展につながる討論会となることを期待している。 協賛 (申請中を含む)

開催趣旨

第67回コロイドおよび界面化学討論会 若手口頭講演賞受賞者の決定; 平成29年度 分散基礎スプリングセミナー 大島広行先生の「基礎から学ぶゼータ電位とその応用」 界面コロイドラーニング 第33回現代コロイド・界面化学基礎講座. 以前の新着情報

[書誌情報 続き] 並列タイトル: コロイドおよび界面化学討論会・日豪シンポジウム講演要旨集 / The Divisional Meeting on Colloid and Surface Chemistry, the Chemical Society of Japan・Japan-Australia Symposium book of abstracrts

イベントカレンダー 国際会議 コロイドおよび界面化学討論会 第70回記念国際会議 Okinawa Colloids 2019 ―An International Conference on Colloid & Surface Science Celebrating the 70th Anniversary of the Divisional Meeting of DCSC, CSJ―

An International Conference on Colloid & Surface Science Celebrating the 70th Anniversary of the Divisional Meeting of Division of Colloid and Surface Chemistry, The Chemical Society of Japan

第69回コロイドおよび界面化学討論会における レクチャーシップアワードおよび 総合講演の一般公開について 2018年9月18日~20日に第69回コロイドおよび界面化学討論会が筑波大学筑波キャンパスにて開

home >> コロイド討論会. コロイドおよび界面化学討論会. コロイドおよび界面化学部会が主催する毎年秋に行なう討論会。 口頭・ポスターを含めおよそ500件の講演件数が集まり、800名以上の研究者・学生

[PDF]

第68 回コロイドおよび界面化学討論会. 主催 日本化学会コロイドおよび界面化学部会. 神戸大学工学研究科界面科学研究センター. 会 期. 9 月6 日(水)~8 日(金) 会 場 神戸大学鶴甲キャンパス(神戸市灘区鶴甲)〔交通〕阪神御影・ jr 六甲道・阪急六

コロイド界面化学討論会. 2018年9月24日 2018年9月24日 colloid. 当研究室の院生5名が第69回日本化学会コロイドおよび界面化学討論会に参加し、下記の発表を行いました。

未来のコロイドおよび界面化学を創る若手討論会: コロイド・界面化学分野の将来を担う若手研究者の育成・活性化を目指し,合宿形式のセミナーを開催します。

討論会委員会は,来年以降のコロイド討論会の開催地選定,日本化学会春季年会におけるコロイド・界面化学セッションのプログラム編成(東京地区開催の場合)およびアジア国際シンポジウムの開催(数年に1回)を行っています。

「コロイドおよび界面化学討論会 第70回記念国際会議」 Okinawa Colloids 2019のご案内 本年のコロイドおよび界面化学討論会は第70回記念大会として、沖縄県名護市の万国津梁館 (2000年九州・沖縄サミット会場)での国際会議となります。

東京工芸大学講師、ミズーリ・ローラ大学客員教授を兼任。日本化学会コロイドおよび界面化学部会役員、日本油化学協会界面化学部会会長など 在任中、東海大学理学部化学教授在職中の1989年10月に急逝された。(石井淑夫記)

界面化学(かいめんかがく)は、二つの物質が接する境界に生じる現象を扱う化学の一分野。研究領域がコロイド化学と近いため、学会や雑誌などでは両者を合わせて扱われる 。. 物質の状態により界面化学が扱う現象には以下のような例がある。 固体/固体界面;接着、摩擦、固溶など。

[PDF]

会告(2) 第69回コロイドおよび界面化学討論会 主催:公益社団法人 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 筑波大学生物資源コロイド工学リサーチユニット 会期:平成30 年9 月18 日(火)~9 月20 日(木)

第 68 回コロイドおよび界面化学討論 会. 2017/9/6-2017/9/8 神戸大学鶴甲第1キャンパス. G 会場 9/6. シンポジウム 2 分子シミュレーションとコロイド化学 オーガナイザー [top] 9/6 11:20-11:40 1G15 単独イオン活量測定と電解質理論

コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集. 日本化学会, 日本化学会近畿支部 [主催] [日本化学会] タイトル別名. コロイドおよび界面化学討論会講演予稿集. タイトル読み. コロイド オヨビ カイメン カガク トウロンカイ コウエン ヨウシシュウ

第70回コロイドおよび界面化学討論会 OKINAWA COLLOIDS 2019 2019年09月25日 第68回高分子討論会 2019年09月13日 日本物理学会秋季大会 2019年09月08日 ECIS 2019 (European Colloid and

第67回コロイドおよび界面化学討論会(北海道教育大学)にて以下の学生が発表しました!大勢の北海道出張,お疲れ様でした! 1. パラジウムナノ粒子の表面プラズモン共鳴特性:屈折率応答感度の評価 〇須川 晃資(助教)、田原 弘宜、山下 綾音、大月 穣 2.

第31回高分子ゲル研究討論会において研究発表を行いました。 第41回日本バイオマテリアル学会大会にて発表しました。 膜シンポジウム2019にて発表しました。 第70回コロイドおよび界面化学討論会(2019) ・okinawa colloids 2019にて発表しました。

第20回高分子ミクロスフェア討論会(岡山) 南先生,大村(d2),中野(m2)が口頭発表 【2018.9.6-8】 第69回コロイドおよび界面化学討論会 (筑波) 大村(d1)がポスター発表 【2018.9.6-7】 2018年度色材研究発表会(大阪) 辻田,向井(m1)がポスター発表 【2018.7.14】

コロイドおよび界面化学討論会若手口頭講演賞(2017),第68回コロイドおよび界面化学討論会(神戸・神戸大学鶴甲第1キャンパス),日本化学会コロイドおよび界面化学部会,2017年9月6日

コロイドおよび界面化学討論会 第70回記念国際会議. Okinawa Colloids 2019. 2019年11月3日(日)~8日(金) 万国津梁館(沖縄県名護市) 協賛: 射出成形現象工学コース実施要領. 2019年11月1日(金)~12月5日(木) 計5日間: かながわサイエンスパーク 講義室. 協賛

コロイドおよび界面化学討論会第70回記念国際会議 Okinawa Colloids 2019(沖縄)54・5・371 6日 日本希土類学会第37回講演会(横浜)54・8・597

部 会. 日本化学会には、コロイドおよび界面化学部会、情報化学部会、生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会、有機結晶部会の5つの部会があり、研究発表、知識の交換および若手人材育成の場として部会主催の討論会、講演会、講習会等を開催しています。

日本生物工学会のホームページ。 大会情報や学会誌目次、入会案内、研究助成・公募情報などを掲載。 【協賛行事】第69回コロイドおよび界面化学討論会「分散系、凝集、ソフトマターの科学」〈つくば市〉 | 公益社団法人 日本生物工学会

第67回コロイドおよび界面化学討論会 (2016) ,2016年9月22-24日,旭川・北海道教育大. 大塚隼人,浜崎亜富,尾関寿美男 「磁場と温度変化に誘起されるイオン液体 (tmpa tfsi) の相変化: 電位および磁化率の変化による検出」

第63回コロイドおよび界面化学討論会 松岡 秀樹 化学と工業 = Chemistry and chemical industry 64(5), 418, 2011-05-01

日本化学会界面コロイド部会 第68回コロイドおよび界面化学討論会に参加し、下記の発表を行いました。 1)金属系シングルナノ粒⼦の分散と安定化 川﨑 英也 (招待講演) 2)リグニンを炭素原料とする蛍光性カーボン量⼦ドットの水熱合成 三木 恵太, 川﨑 英也

トップ>コロイドおよび界面化学特別討論会講演要旨集. コロイドおよび界面化学特別討論会講演要旨集 [書誌情報] 責任表示: 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 〔編〕

dmcic 第63回コロイドおよび界面化学討論会「ナノを越えて:メゾ領域のサイエンス」 「ナノを越えて:メゾ領域のサイエンス」 化学者になじみが深い「ナノ領域(1-10 nm)」と日常経験の世界「1マイクロメーター程度以上のマクロ領域」の間にはメゾ領域と

平成 30 年 9 月 18 日 (火) ~ 20 日 (木) に筑波大学で開催された第 69 回コロイドおよび界面化学討論会において、優秀な口頭講演を行った 35 歳以下の発表者若干名に贈られる賞です。 受賞者 . 壹岐 晃平 (大学院理学府 物理学専攻 修士課程1年) 研究テーマ

化学工学会東海支部「第50回化学工学の進歩講習会」 (11月9日(水)~10日(木) 於:名古屋市工業研究所) 2016.03.01 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 -第32回現代コロイド・界面化学基礎講座-

受賞履歴. 文部科学大臣表彰若手科学者賞(2012), 物質・材料研究機構理事長賞研究奨励賞(2010), 日本化学会進歩賞(2010), Award for Encouragement of Research of Materials Science, The IUMRS International Conference in Asia(2008), コロイドおよび界面化学部会第7回科学奨励賞(2008), The Best Poster Award, E-MRS 2008 Spring Meeting(2008), 高

第62回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞 ((社)日本化学会コロイドおよび界面化学部会) 「ハイブリッド界面活性剤の特異な分子集合挙動」 2008年12月6日 2008年材料技術研究協会討論会口頭講演賞 (材料技術研究協会)

第69回コロイドおよび界面化学討論会 (2018) ,2018年9月18-20日,つくば・筑波大. 瀧口眞央,浜崎亜富,尾関寿美男 「高圧下で磁気処理した水の性質」 第69回コロイドおよび界面化学討論会 (2018) ,2018年9月18-20日,つくば・筑波大

第31回高分子ゲル研究討論会において研究発表を行いました。 第41回日本バイオマテリアル学会大会にて発表しました。 膜シンポジウム2019にて発表しました。 第70回コロイドおよび界面化学討論会(2019) ・okinawa colloids 2019にて発表しました。

本学大学院生が第66回コロイドおよび界面化学討論会においてポスター賞を受賞. 本学大学院生が第66回コロイドおよび界面化学討論会においてポスター賞を受賞しました。

Sep 25, 2018 · 9月18-20日に筑波大学にて開催された「第69回コロイドおよび界面化学討論会」へ、鈴木先生、渡邊さん(d2)、乾くん(m2)、大浦くん(m2)、滝沢(m2)、西澤くん(m2)が参加し、鈴木先生が受賞講演を、学生は口頭・ポスター発表を行いました。また、m2一同は、9月17日に開催された「未来のコロイドおよび

2018年9月18日~20日に第69回コロイドおよび界面化学討論会が筑波大学筑波キャンパスにて開催されます。 主催する日本化学会コロイドおよび界面部会では,9月19日の午後に大学会館講堂で開催される,レクチャーシップ

10.5 祝!第68回コロイドおよび界面 化学討論会若手口頭講演賞

第64回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞. 2013年09月19日 コロイドおよび界面化学部会 受賞者: 岡部真弥、山本靖、吉野明広、多賀圭次郎、種田明子、篠田優、金政真

コロイドおよび界面化学討論会(9/3-5) 東京理科大学神楽坂校舎にて 都心で行われた学会でポスター発表をしました.お昼は近くのイタリアンカフェで食べました.

国際ファイバー工学研究所 (主担当)、化学・材料学科 応用分子化学コース (副担当) の鈴木 大介准教授が日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 科学奨励賞を受賞し、9月18~20日に筑波大学つくばキャンパスで開催された第69回コロイドおよび界面化学討論会において受賞講演を行いました。

本研究では,土壌・水環境の保全対策技術を高度化する上で重要になる,コロイド界面化学と農業工学の融合領域にある学術的課題の解明を目指している.そのために,土壌・水環境中におけるゼータ電位の実体解明,粒子間相互作用の理解の深化に必要な実験データの蓄積と理論の検討,土壌

okinawa colloids 2019(第70回コロイドおよび界面化学討論会) (万国津梁館)において、 坂口先生が招待講演を行いました。 2019.10.15.~10.17. 第9回csj化学フェスタ2019 (タワーホール船堀)に参加し、進藤さん、田中さん、安藤(明)君がポスター発表を行いました。

日本生物工学会のホームページ。 大会情報や学会誌目次、入会案内、研究助成・公募情報などを掲載。 【協賛行事】コロイドおよび界面化学討論会 第70回記念国際会議(Okinawa Colloids 2019) | 公益社団法人 日本生物工学会

第69 回コロイドおよび界面化学討論会開催報告 足立 泰久 C & I Commun/43(4)/pp.59-71, 2018-12; Stability and performance of algal-bacterial granular sludge in shaking photo-sequencing batch reactors with special focus on phosphorus accumulation

大学院生の矢田詩歩さん(d1)が第67回コロイドおよび界面化学討論会でポスター賞を受賞しました。 9/22(木)-24(土) 第67回コロイドおよび界面化学討論会(旭川・北海道教育大学旭川校)に参加し

理工学部 先端化学科 助教 赤松 允顕: 受賞題目 : 界面物性の高速光制御を目指した両親媒性ロフィンダイマーの合成およびその評価: 受賞内容 : 第69回コロイドおよび界面化学討論会でのポスター発表が優秀であると判断されたため。 受賞日 : 2018年9月19日

コロイドおよび界面化学討論会は、日本化学会 コロイドおよび界面化学部会が主催する毎年秋に行なう討論会である。口頭・ポスターを含めおよそ500件の講演件数が集まり、800名以上の研究者・学生が参

[PDF]

座「本物の理科体験学習―コロイド―」の開催がありま す。この活動は2012年から始めた取り組みで,「コロイド および界面化学討論会」の前日に開催地の小学生を対象に して,学校の授業の中では実感しにくい生活の中での「コ

磯部 紀之 ポストドクトラル研究員(生物地球化学研究分野)と鈴木 龍樹 ポストドクトラル研究員(海洋生命理工学研究開発センター)が2018年9月18日(火)~20日(木)に開催された第69回コロイドおよび界面化学討論会でそれぞれ若手口頭講演賞を受賞しました。

主催する日本化学会コロイドおよび界面部会では,9月19日の午後に大学会館講堂で開催される,レクチャーシップアワードの2講演とそれに引き続いて実施される総合講演を,部会事業の社会貢献の一環として位置づけ,筑波大学生物資源コロイド工学

第40回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞「界面活性剤/合成香料/水三成分系相状態図」 1997年度材料技術研究協会技術賞「ハロゲン捕捉剤の開発」 平成11年度日本油化学会進歩賞「界面活性剤水溶液による香料の可溶化と揮発制御に関する研究」